Larutan
 
まとめ買いキャンペーン
2017.07.27

「10asia+Star JAPAN」6号発売!

「取材レポ」EXO-CBX“新曲「Girl Problems」初披露!
ジャンポケ、にゃんごすたーがCBXを応援!
スペシャルゲストとのダンスコラボも!
”野外フリーショーケース大盛況!


EXOのメンバー、CHEN(チェン)、BAEKHYUN(ベクヒョン)、XIUMIN(シウミン)の3人によるユニット“EXO-CBX”(エクソ-チェンベクシ)が6月7日(水)、東京・代々木公園野外ステージにてフリーショーケース「Colorful BoX」を開催した。
EXO-CBXは今年5月にミニアルバム「GIRLS」で日本デビューし、発売当日に2万6541枚の販売高を記録し、オリコンデイリーチャート2位にランクイン。日本初ステージとなったGirlsAwardでは、ヘッドライナーとして輝かしい存在感を放った。ユニットとしても注目を集める彼らのフリーショーケースは、開催前から大きな話題を呼び、イベント詳細は当日発表にもかかわらず、大勢のファンが集まった。
 
EXO-CBXの登場を心待ちにする中、司会の藤田琢己の紹介で現れたのは、イベントを盛り上げるべくゲストとして駆けつけたお笑いトリオ・ジャングルポケット。EXO-CBX「Ka-CHING!」のアナザーMVに登場し、ファンの間でも話題だったが、登場するやいなや「申し訳ありませでした!」とファンに謝罪。ファンに受け入れてもらえないかと思ったが、歓声で迎えてくれたファンに感謝を示し、また集まったファンを見て、「何人いるの?」と驚きを見せた。
MV撮影では、思いっきりやってくださいと言われ、全力で取り組んだので見ていただければうれしいとコメントし、「今日1日楽しんでください!ハァーイッ!」と呼びかけステージを後にした。
続いてのゲストはMVでドラム演奏をしていた、ゆるキャラドラマーのにゃんごすたー。「Ka-CHING!」をドラムで生パフォーマンスし、ファンの前で演奏してみて「楽しかった!!」と心境を伝えた。さらに可愛らしいダンスも披露し、会場を温めた。

そしてついにお待ちかねのEXO-CBXが登場。赤や白を使った衣装のメンバーの姿が見えると、一気に歓声が大きくなった。「We are one!こんにちは、CBXです!」とそろってあいさつをし、「CBXのベクヒョンでーす!お久しぶりでーす」「こんにちは〜!シウミンです!会いたかった〜!」「こんにちは、EXOのチェンでーす!会いたかった!」と1人ずつあいさつ。そして「藤田さん、読んでくださいー」とシウミンがMCに渡した手紙には、とある人気芸人と一緒にカチカチダンスを披露し日本にもっと広めたいということが書かれており、ダンスを覚えてほしいと依頼したという、スペシャルゲストが登場することに。「どうも〜!」とステージに姿を現したのは、極楽とんぼ山本圭壱。AbemaTVの番組企画としてカチカチダンスを広めるという。
練習したかとの問いに「もちろん!」と答える山本を、シウミンが「センター!」と言いながらセンターポジションへと導き、音楽スタート。「Ka-CHING!」のサビのダンスを順調に踊り進めていき、途中で山本はアレンジを加えたパフォーマンスをしたりなど、 4 人でのカチカチダンスで会場を盛り上げた。山本は「夢のような時間だった」と感想を伝え、「さあ、いよいよ本番ですよ!」と次のステージに期待を持たせた。
 

続いてはライブステージとなり、大歓声の中メンバーが再びステージに登場すると、1曲目に「Hey Mama!」を披露。ファンたちの掛け声もバッチリと揃い、まるでライブ会場のよう。続けて「The One」をファンキーなダンスとともにパフォーマンス。歌い終えると、「We are one!こんにちは!CBXです!」と改めてあいさつをし、「今日CBXのショーケースを記念して、こうやってみなさんに会えて、本当にうれしいです!最後まで頑張りますので、みなさんちゃんとついてきて〜!」とチェン。シウミンは「平日なのに、このようにたくさんの方が来てくれて、本当にありがとうございます!今日僕たちの日本デビューをみなさんに祝ってもらえてうれしいです。後ろのみなさん〜!僕たちちゃんと見えてますか〜?ちゃんと水分摂ったり休憩しながら楽しんでくださいね!」と気遣い、ベクヒョンは「みなさん、アルバム聞きましたか?応援してくれたみなさんのために頑張りました。これからの日本活動も、楽しみにしてください!」とコメント。そして「次の曲に行きたいと思います!準備はOKですか?」と煽り始まった「Cherish」では、歌に合わせ手を左右に振ったりと、ファンと一体となり、ステージを楽しんだ。
 
ファンの盛り上がりに「最高〜!」と、笑顔を見せるシウミンは続けて、アルバム準備も含め日本に来ることができて、ファンに会えて気分が良いと話した。ステージでも息の合ったパフォーマンスを披露した日本のダンサーについて、「本当に親切に優しくしてくださって心から感謝しています」と伝えた。チェンはミニアルバムについて「本当にいい曲がたくさんあります!中でも『Diamond Crystal』という曲が大好きなのですが、歌ってみましょうか?」と、「Diamond Crystal」をアカペラで歌い始め、シウミン、ベクヒョンも加わり、素敵な歌声でファンを魅了した。
 
ベクヒョンは「僕たちCBXを初めて見る方もいると思います。初めて見る方にも関心を持っていただけるとうれしいです」とし、また「EXO-L(EXOのファン)のみなさん、いつもありがとうございます」と感謝の言葉を贈った。
そして「盛り上げていきましょう!」と、次の曲「Girl Problems」へ。新しい姿を見せたくて準備したという、初披露の新曲ステージにファンも盛り上がりを見せた。
チェンは「今ちょっと雨が降ってるみたいですね。(日本語で)みなさんは雨女です。違いますか?(笑)」と日本語を披露しファンを笑わせ、「楽しかったですか?素敵な思い出になりましたか?僕もすごく幸せです。ありがとう、みなさん!」と笑顔を見せ、「今日は日本で初めて野外ステージに立つことができて、本当に感謝しています。良い思い出ができました。本当にありがとうございます!」とシウミン、「見に来てくださって本当にありがとうございます。これからも一生懸命頑張っていきますので、見守っていてください」とベクヒョンがコメント。「一緒に歌ってくれますか?」「最高に盛り上がりましょう!『Ka-CHING!』行くぜー!」と、ラストはアルバムリード曲の「Ka-CHING!」で熱いも盛り上がりを見せた。
 

そしてアンコールに登場したメンバーたちは、再び「Ka-CHING!」を披露し、ファンを喜ばせた。
最後はゲストのジャングルポケット、にゃんごすたー、そして集まったファンとともに記念写真を 撮り、思い出を残し、「今日みなさんと一緒で幸せです!これからも、よろしくお願いします。 今からみなさんは僕のもの!(シウミン)」「今日は大勢のみなさんに来ていただきまして、 ありがとうございました。次に僕たちCBXが来るまで健康で元気に過ごして下さいね。 最後に…好きだよ(チェン)」「最後まで見てくださって、ありがとうございました。風邪をひかないように気をつけてくださいね(ベクヒョン)」と言葉を残し、「またね〜」「アンニョン〜」とファンたちに笑顔で手を振り、ステージを後にした。
 
取材Korepo(KOREAREPORT INC)
 
■EXO Official Site http://exo-jp.net/
■EXO NEWS JP twitter https://twitter.com/EXO_NEWS_JP
 
 
 
 

 

「取材レポ」パク・シフ、キレ味抜群のアクションで魅了!
パク・シフ主演ドラマ・フェス!大感謝祭ツアー2017開催!


“韓国王朝版ロミオとジュリエット”と呼ばれ高評価を得た時代劇ドラマ「王女の男」など、ドラマや
映画で活躍中の人気俳優のパク・シフが、ファンへの感謝を伝えるため、約8ヶ月ぶりに日本での
公式イベント「パク・シフ主演ドラマ・フェス!大感謝祭ツアー2017」を開催した。同公演は
「名もな き英雄<ヒーロー>」、「清潭洞<チョンダムドン>アリス」、「検事プリンス」など
多数ある 出演作 の中から、各公演ごとに異なる役をピックアップし、ドラマの魅力やドラマの
名シーンを再現する など、まさにパク・シフしか出来ないドラマ・フェス。
 
 福岡と大阪での公演を大盛況で終えた6月15日(木)、東京ドームシティーホールでファイナル公演を行った。夜の部「~壮絶アクション!ダーク・スンユVS “影”のヒーロー シユン~」が開演するや否やステージには大きな紗幕が下り、「名もなき英雄<ヒーロー>」の主人公“シユン”として颯爽と登場したパク・シフのスピード感あるオープニングアクションシーンがスタート。絶妙な照明の演出で紗幕いっぱいに映し出されるパク・シフのシルエット。臨場感溢れるアクションシーンが再現され、観客の目を一瞬にして奪った。最初のあいさつでは「皆さんに迫力のある姿をお見せしようと思いまして、紗幕の裏でアクションをしてみたのですが、僕としてはちょっと満足感が足りないです」と苦笑い。それに対して温かい拍手を送るファンに「ありがとうございます~」と柔らかな表情と愛嬌で応え、会場を和ませた。トークコーナーでは「名もなき英雄<ヒーロー>」の数々の名アクションシーンを振り返りながら「ドラマのアクションシーンに自分で点数をつけるとしたら?」と問われると「70~80点くらい?よくわかりません(笑)」と謙虚な回答。「殴る演技と殴られる演技はどちらが難しいですか?」との質問には「どちらも難しいですが、殴られる方が難しいと思います。まぁあまり殴られないのですが(笑)」とにっこり笑顔を見せた。「このドラマの中で一番好きなアクションシーンは?」との問いには「靴の紐を使ったアクションは今までになかったものだと思いますし、また、20対1のアクションも記憶に残っています」と振り返った。ここでMCから「先程見せてくださったアクションは満足できなかったと言っていましたよね?今度は紗幕なしでもう一度見せていただけますか?」とのリクエストが!「はい、頑張ります!」と言い再びアクションがスタート。パク・シフのキレのある回し蹴りなどが炸裂し、ファンからは感嘆の声が上がった。最後には相手役をステージ中央に誘導し、称えることの気遣いも忘れない礼儀正しいパク・シフなのだった。

 続いてファンクラブ会員からのアンケート結果も公表。「王女の男」の“スンユ”と「名もなき英雄<ヒーロー>」の“シユン”、どちらに助けられたい?という質問とどちらと一緒にジムに行きたい?というアンケートでは2つともシユンに軍配があがった。「スンユは人を助けるときは長い刀を使うと思うし、運動する時は馬に乗ると思うし・・・。だからシユンの方が現実的ですよね」と回答を冷静に分析するパク・シフ。「ご自身のドラマを観たりしますか?」と聞かれると「再放送などで良く観ます。『王女の男』は何度も観ました。“なかなかいいね”と思ったりしています(笑)」と率直に答えていた。
フォトタイムではステージ上だけではなく、会場中をぐるりと回り、さらにはバルコニー席にまで足を延ばし、ファンを喜ばせた。2階席にも手を振り、ハートを作りなど全方向に気を配ったファンサービスで、会場を興奮させた。
 

中盤では、大阪公演の模様がメイキング映像のようにスクリーンに映し出された。空港でお出迎えのファンにサインをする様子や、夜の大阪での街歩きの様子、公演のリハーサルの様子など、まるで DVD特典のようなスペシャル映像のプレゼントの後は、ファン待望の“ダーク・スンユ”の登場。黒装束のダーク・スンユと化したパク・シフが殺陣のパフォーマンスを披露。鮮やかな映像、スタイリッシュでリズミカルな音楽と殺陣の見事なコラボレーションは観客をうならせた。この殺陣の練習中に「 15針を縫う手の怪我をしてしまった」とさらっと言うパク・シフに会場中はざわついたが、「もともと健康な身体なので直ぐに治りましたよ」と語り、ファンを安堵させた。ダーク・スンユが登場する「王女の男」のベストシーンを振り返りながら「短いシーンを見ただけでも没頭してしまいますよね。本当に名作中の名作だと思います。撮影中にモニタリングをしている時でさえも、感情がこみ上げていました」と自信をうかがわせた。
 
 
 
イベントの終盤では、抽選で選ばれた幸運なファン 2名が、パク・シフからのハグや 2ショット写真のプレゼントを受けた。サプライズで、手にキスまでされたファンに会場からは感嘆の声があがった。
 
 

 
 最後にパク・シフは「今回のイベントは、皆さんと一緒に呼吸をしているような感じで、これまでのドラマを振り帰ったり、昔のことに思いを馳せたりすることが出来ました。まもなく皆さんとは新しいドラマでお目にかかることが出来そうです。その際には、どうぞ応援を宜しくお願いします!」とうれしい発表でファンを笑顔にした。まるでポエムのような情熱的なラブレターを読み上げ、名残惜しむファンを潤すと、涼しげな笑顔をうかべた。アンコールでは白 Tシャツにデニムパンツのカジュアル姿で登場し、「 Season in the sun」を韓国語で披露し、夏の爽やかさを残しながらステージを後にした。
 
 

 
 取材:Korepo(KOREAREPORT INC)
 
 
「パク・シフ主演ドラマ・フェス!大感謝祭ツアー2017」
 
[福岡公演]
 
「~運命の人 スンユとの出会い~」
 
 日時 6月9日(金)、開場17:30 開演18:30
 
会場 アクロスシンフォニーホール
 
 
 
[大阪公演]
 
(昼)「~Bar隣人シユンとの語らい~」
 
 (夜)「~名もなき大阪の英雄~」
 
 日時 6月11日(日)、(昼)開場13:00 開演14:00 (夜)開場17:00 開演18:00
 
会場 波切ホール
 
 
[東京公演]
 
(昼)「~ラブコメ!弁護士ソ・イヌVS CEOスンジョ~」
 
 (夜)「~壮絶アクション!ダーク・スンユVS “影”のヒーロー シユン~」
 
 日時 6月15日(木)、(昼)開場14:00 開演15:00 (夜)開場18:00 開演19:00
 
会場 東京ドームシティーホール
 
 
 パク・シフOfficial HP      http://www.park-sihoo.jp/
  
ツアー詳細   http://www.mentorevent.com/parksihoodramatour2017/

K-POP界注目の新人グループSF9が初ショーケースを開催
日本デビュー曲「Fanfare -Japanese ver.–」を初パフォーマンス
同曲が世界110の国と地域で配信スタート!

6月7日に、ワーナーミュージックジャパンより日本メジャーデビューを果たす韓国の9人組
ボーイズグループSF9(エスエフナイン)が4月7日、東京・TSUTAYA O-EASTで
日本初の単独ショーケース『SF9 1st SHOWCASE IN JAPAN “Fanfare”』を開催し、
満員の1,300人を前に日本デビュー曲「Fanfare -Japanese ver.–」「ROAR -Japanese ver.–」「K.O. -Japanese ver.–」の初披露を含め全15曲の歌とフレッシュなトークでファンを魅了した。
 
SF9は日韓のみならずアジア各国で活躍するロックバンドFTISLANDやCNBLUE、
そして注目のガールズグループAOAらを輩出してきたFNC ENTERTAINMENTが
初めて手掛けた男性ダンスボーカルグループ。
リーダーのヨンビンを筆頭に、ジュホ、フィヨン、チャニの4人のラッパーと、
インソン、ジェユン、ダウォン、ロウン、テヤンの5人のボーカルから成る。
 
SF9というグループ名は「Sensational Feeling 9」の頭文字からとったもので、
「世界を驚かせる少年たち」を表しており、さらに漢字「久」を数字「9」に形象化し、
チームの活動と人気が永遠に続くという意味も込められている。SF9は昨年10月に「Fanfare」で韓国デビュー。今年2月には2曲目の「ROAR」でいっきに人気を高めた。
日本でも韓国デビュー前から事務所主催のフェス「FNC KINGDOM」やCNBLUEのアリーナツアーでオープニングアクトを務めるなどして経験を積み、韓国での人気に比例するように期待値を高めてきた。
 
オープンと同時に会場は超満員。熱気に包まれた中、メンバー9人が登場すると、
割れんばかりの歓声が上がり、韓国デビュー曲「Fanfare」を歌うと大きなファンコールが上がり、チャニが「オープニングからみなさんの熱気がスゴくて、テンションマックスでパフォーマンスできました」というほどの盛り上がりぶり。
 
「これまで日本でもライブの経験がありましたが、単独公演をやるのは初めて。緊張していますが、楽しい時間を過ごしてほしいです(ロウン)」と挨拶すると「ROAR」など韓国での活動曲の他、テヤン&チャニのダンスパフォーマンスや、テヤン、チャニ、ヨンビン、ロウン、ジュホによるアクロバティックを取り入れたダンスパフォーマンス、そして、ボーカルチームによる「So Beautiful」などのユニットステージやカヴァー曲も披露。そして、「日本でのショーケースのために、音楽番組でもやったことがない曲を用意してきました(ヨンビン)」という「4 step」、組体操のような複雑なフォーメーションのダンスが特徴の「Jungle Game」などを見せた。今回のショーケースでは様々なタイプの楽曲にチャレンジしたが、活動曲になったパフォーマンス重視の曲だけでなく、カラーの異なるボーカリストたちが聴かせる曲もきっちり歌えるのもSF9の魅力だ。
ショーケースということで、歌だけでなく彼ら自身のパーソナリティを知ることができる自己紹介コーナーや、事前に募集したファンからの要望に応えるコーナーなど、ファンとのコミュニケーションが図れるコーナーもたっぷり設けられ、一生懸命日本語を交えながらトークも大奮闘。「皆さんの心の中に桜の花を咲かせたい」というフィヨンに、「日本でFANTASY(SF9ファンの呼称)と花見に行って、おでんと焼き鳥を食べたい」と、日本でやりたいことを挙げるテヤン。ムードメーカーのダウォンはブルース・リーのモノマネで大爆笑を巻き起こした。
 
日本デビュー曲となる「Fanfare -Japanese ver.–」「ROAR -Japanese ver.–」「K.O. -Japanese ver.–」の3曲の日本語バージョンも、この日に初披露。「韓国でのデビュー曲、2曲目の活動曲から水車ダンスまで、僕たちのヒット曲のすべてを収録したシングルです(テヤン)」という内容で、リード曲「Fanfare -Japanese ver.–」は、「愛をかくれんぼに例えた、ファンファーレを鳴らす振付がポイントのノリノリな曲です(ヨンビン)」とアピールした。「ROAR -Japanese ver.–」では、ファンが「Japan Fantasy Burning on SF9❤」というカードを一斉に掲げるサプライズを用意するなど、ファンとSF9の相思相愛の空間に、「ステージは毎回楽しいけれど、22年生きて来て1番楽しいステージでした」とジュホが喜びを口にすると、最後にリーダーのヨンビンが「このステージが僕たちのスタートです。この日を忘れずに努力します。ここに立たせてくださった皆さんに2倍、3倍、それ以上の恩返しをします」と感謝の言葉を述べた。
ショーケースの熱気に証明されるように、日本でもSF9の注目度は高く、ショーケースのチケット当選倍率はなんと10倍以上だったという。今年の初夏、その名の通り日本でセンセーションを巻き起こしそうだ。4月7日より世界110の国と地域にて「Fanfare -Japanese ver.–」を同時先行配信がスタート、4月8日には東京・ラフォーレミュージアム原宿、4月9日には大阪・大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)展示ホールCで日本メジャーデビュー記念スペシャル特典会も開催される。また、4月18日には韓国で2ndミニアルバム「Breaking Sensation」をリリースし、日本デビュー前に、大きな弾みをつける。次回の日本でのライブは、5月19日に幕張メッセ国際展示場 9 ホールで行われる『KCON 2017 JAPAN × M COUNTDOWN』が予定されている。
 


「SF9 1st SHOWCASE IN JAPAN “Fanfare”」
【会場・日時】
TSUTAYA O-EAST (東京都渋谷区道玄坂2-14-8 2F)
2017年4月7日(金)18:00開場 / 19:00開演
 
SF9 1st SHOWCASE IN JAPAN “Fanfare” セットリスト
♪01. Fanfare / 1st Debut Single Album「Feeling Sensation」
♪02. Still My Lady / 1st Mini Album「Burning Sensation」
♪03. ROAR / 1st Mini Album「Burning Sensation」
♪04. テヤン & チャニ Dance Perf.
♪05. テヤン/チャニ/ヨンビン/ロウン/ジュホ Dance Perf.
♪06. So Beautiful (ロウン/インソン/ジェユン/テヤン/ダウォン) / Special Digital Single
♪07. I NEED U (BTSカバー)
♪08. BOY IN LUV (BTSカバー)
♪09. HER(Block Bカバー)
♪10. Together / 1st Debut Single Album「Feeling Sensation」
♪11. 4 step / 1st Mini Album「Burning Sensation」
♪12. Jungle Game / 1st Mini Album「Burning Sensation」
♪13. K.O. -Japanese ver.- / Japan 1st Single「Fanfare」
アンコール
♪14. ROAR -Japanese ver.- / Japan 1st Single「Fanfare」
♪15. Fanfare -Japanese ver.- / Japan 1st Single「Fanfare」


<SF9プロフィール>
 日韓そしてアジア各国で活躍するロックバンドFTISLANDやCNBLUE、そして最も注目されるガールズグループへと成長したAOAらを輩出したFNC ENTERTAINMENTによる9人組ダンスボーイズグループ”SF9” が遂にベールを脱いだ。
 ヨンビン、インソン、ジェユン、ダウォン、ジュホ、ロウン、テヤン、フィヨン、チャニの9名で構成された彼らは、デビュー前からFNC独自のトレーニングシステム「NEOZ SCHOOL」を通して様々な分野の実力を磨き、韓国テレビ局”Mnet”のリアリティ番組「d.o.b -Dance or Band-」に出演し人気を集めてきた。
 
 昨年10月、シングル「Feeling Sensation」を発表し、韓国の音楽シーンに正式デビュー。タイトル曲「Fanfare」は“Trap Hip Hop”と“Electro”が混在したダンサブルなヒップホップトラックで構成され、時流に乗ったサウンドとSF9 の華麗なパフォーマンスが調和を成す。9人のメンバーによって繰り出す完璧な群舞は彼らのデビューを長い間待っていたファンを十分に満足させ、今年2月には韓国1st ミニアルバム「Burning Sensation」をリリースし、彼らの世界観をさらにパワーアップさせたパフォーマンスで多くのファンを魅了させた。
 そして6月7日、ワーナーミュージック・ジャパンより遂に日本でのメジャーデビューを果たす。


【日本メジャーデビューシングル「Fanfare」作品概要】
2017年6月7日発売
通常盤 CD only ¥1,200(税込)
1. Fanfare -Japanese ver.–
2. ROAR -Japanese ver.–
3. K.O. -Japanese ver.–
封入特典:トレーディングカード(10種類のうち1枚をランダム封入 )*初回プレス分のみ封入
初回限定盤A CD+DVD+ブックレット24P \1,800(税込)
DISC1
1. Fanfare -Japanese ver.–
2. ROAR -Japanese ver.–
DISC2(DVD)
1. Fanfare -Japanese ver.- [Music Video]
2. ROAR -Japanese ver.- [Music Video]
3. Fanfare –Japanese ver.- [Jacket Making & Interview]
封入特典:トレーディングカード(10種類のうち1枚をランダム封入 )
初回限定盤B  CD+DVD+ブックレット24P \1,800(税込)
DISC1
1. Fanfare -Japanese ver.–
2. ROAR -Japanese ver.–
DISC2(DVD)
1. Fanfare [LIVE from 2016 FNC KINGDOM IN JAPAN –Special Edition-]
2. K.O. [LIVE from 2016 FNC KINGDOM IN JAPAN –Special Edition-]
封入特典:トレーディングカード(10種類のうち1枚をランダム封入 )

【日本メジャーデビュー記念スペシャル特典会】 イベント①
<日時・会場>
■2017年4月8日(土) 東京:ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6階) 
 CD予約開始 11:00~/特典会スタート 13:00〜
 詳細:http://wmg.jp/artist/sf9/news_75725.html
■2017年4月9日(日) 大阪:大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)展示ホールC
 CD予約開始 11:00~/特典会スタート 13:00〜
 詳細:http://wmg.jp/artist/sf9/news_75727.html
<イベント内容> 
メンバー全員との握手会&サイン入りスペシャルカード全員配布(※ライブイベントの開催無し。)
 対象者:日本メジャーデビューシングル「Fanfare」特典会会場予約者のみ(枚数規定あり)
同時開催
【日本メジャーデビュー記念!iTunes Storeバンドル予約者限定 SF9オリジナルステッカープレゼント企画】
イベント②
<イベント内容> 
iTunes Storeにて6/7(水)全曲配信開始の「Fanfare」のバンドル予約注文が4/7(金)0:00よりスタートすると同時にシングル「Fanfare」をご予約いただき、4/8(土)&4/9(日)に東京・大阪にて開催する特典会場にて予約画面をご提示頂くと、もれなくSF9:オリジナルステッカーをプレゼント。
<日時・会場>
■2017年4月8日(土) 東京:ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6階)
 集合時間 12:00までにお集まりください
■2017年4月9日(日) 大阪:大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)展示ホールC
 集合時間 12:00 までにお集まりください

※ご予約はコチラから↓ *4/7(金)0:00-より
 <iTunes Store での、予約用URL>
https://itunes.apple.com/jp/album/fanfare-ep/id1219386641?app=itunes&at=10l6Y8
**********

SF9「KCON 2017 JAPAN×M COUNTDOWN」 出演決定!
【会場・日時】
幕張メッセ 国際展示場9ホール
2017年5月19日(金)18:00開場 / 19:00開演(予定)
公演詳細 http://www.kconjapan.com/
<MEET &GREETも同日開催>

SF9 JAPAN OFFICIAL SITE & SNS
■SF9 JAPAN OFFICIAL SITE:http://sf9-official.jp
■SF9 JAPAN OFFICIAL SNS 情報
 Twitter:https://twitter.com/SF9_official_jp
 Facebook:https://www.facebook.com/SF9.official.jp
 Instagram:https://www.instagram.com/sf9_official_jp

korepo提供

10asia+Star JAPAN

関連情報を入力します。

10asia+Star JAPAN 6号